「太陽光発電」とは?

“太陽光発電”は、太陽電池を屋根に取り付けて、太陽の光によって電気をつくり出します。

創られた電気はご身内であってのままにに応用することが出来ます。

電気が使い切れないで余ってしまっても、電力会社が電気を買い取ってくれます。

災害等で停電になったケースではだとしても、晴れていれば電気を応用することが出来ます、。

太陽光発電は、環境条件にとっても優しく、かつ経済的にもご機嫌クリーンなシステムですのです。

地球温暖化が進みつつ有りますが、その原因となっているのが、二酸化炭素などの“温室効き目ガス”だとかんがえられます。

地球の平均温度は、今世紀末までに、最大でなんと6.4℃も上昇したケース言われています。

“地球温暖化防止京都会議”では、2008年~2012年にニッポンでは“温室効き目ガス6%削減”と言う目標を決定しました。

その対策の1つが“太陽光発電”ですのです。

太陽光発電は、二酸化炭素や排気ガスを排出せず、騒音もございません。

太陽光発電のシステムを説明します。

太陽の光から“太陽電池モジュール”で電気をつくって、太陽電池によって発電した電気を、接続箱と“パワーコンディショナ”で集め、ご身内で使える電力に変換します。

そして、“分電盤”を通って電気を家中に送ります。

“買電メーター”と“売電メーター”でその区別を自動的におこないます。

発電効き目は晴れた日中が最も大きくなり、売電量もそれだけ大きくなりますが、曇りのケースでははそれほど発電出来ないので、不足した分は電力会社から買うことになります。

一方、真夏の晴天の日には、冷房等を応用することが多くなり、電力応用が1年で最も増加します。

その為、太陽光発電を設置することによって、電力供給が切迫する時期に、光熱費を抑制することが出来ます。

太陽光発電のメリット


環境条件に優しく、経済効き目もある“太陽光発電”のメリットを案内します。

・太陽光発電は環境条件を考慮しながら、光熱費を緊縮することが出来ます。

より一層、太陽光発電にオール電化を組み合わせると、発電した電気をより有効に応を対象としているものき、光熱費の大巾な削減も出来ます。

太陽光発電+オール電化の生活は、必要なエネルギーを全て電力でまかなえるだけでなく、電力を太陽光の力でつくり出すことが出来ます。

つまりは、太陽光発電は、大巾に光熱費を抑えられ、その上、余った電気は電力会社に売るこも出来ると言う、家計にすさまじくご機嫌電力ですのです。

・発電した電気をご身内で応を対象としているものき、電力が余ったら売電出来ます。

わずらわしいお手続等は一切必要ございません。

売った分の電気代は、電力会社から毎月口座に入金されます。

夜間は発電することが出来ないので、電力会社から電気をオーダーすることになりますが、時間帯別電灯契約を応用することによって、夜間の電気代をお安くでき、電気代を効率的に緊縮出来ます。

・ご身内内で環境条件や省エネ意識が高まります。

“色電力モニター”は、電気の応用状況がリアルタイムに分かるので、目標に向けて省エネしたり、ファミリーで電気のトピックがおのずと増加したりして、結実的に電気代緊縮につながったと言う人も多くいます。

・台風や地震などの災害によって、停電となってしまった時だとしても、電気の供給が出来ます。

・太陽光パネルの設置によって、断熱効き目を発揮して、冬季場はあったかでて夏場は涼しく過ごせます。