「太陽熱温水器」とは?

“太陽光発電”では、自然に降り注いでくる太陽エネルギーを電気にチェンジさせて、ご身内内の電気機材で応用したり、余ったケースではは電力会社に売電したりすることが出来ます。

だとしても、有効に太陽エネルギーを応用する方式は、“太陽光発電”だけではございません。

太陽エネルギーを“熱”に代えて、給湯用としてお風呂等に応を対象としているものきる“太陽熱温水器”も有ります。

太陽熱温水器は、太陽光の熱を50%以上応を対象としているものきます

再生可能エネルギーを応用する機材のなかで、エネルギーの変換効率が最高で、持久性にも優れています、。

ニッポンでは、太陽熱温水器は太陽光発電の陰にあって、あまり知られていないかも知れません。

だとしても、外国も視界に入れると、その普及率は太陽光発電と同くらい何処ろか、太陽熱温水器の方が、はるかに普及している国もあるくらいです。

ニッポンだとしても、1970~80年頃には、急速に太陽熱温水器の設置が進行していました。

ところが、原油の価値が下がったり、訪問市販の強引な手順がこの時代問題となったりしたことから、陰をひそめるようになってしまったのです。

こんな経緯があったことからか、ニッポンでは太陽熱温水器はなかなか話題されませんでしたが、自然エネルギーの応用への関心が高まったことから、近頃ではまた話題されてきています。

環境条件保護の活発化と言う見地から、自治体によっては、太陽光発電に対してだけじゃなく、太陽熱温水器に対しても、設置したケースではの補助金を提供していることも一因でしょう。

太陽熱温水器のメリット


太陽熱温水器は、どうして外国で話題されているのでしょうか?それは、太陽エネルギーを効率よく“熱エネルギー”として変換し、応用することが出来ることです。

太陽光発電システムの変換効率は、10~20%弱と言われています。

たとえば、太陽エネルギーが“100”だとしたケース、ソーラーパネルによって電気に変換出来るのは“10~20弱”になります。

つまりは、太陽光発電では、80%以上の太陽エネルギーは電気に変換されず、応用されないと言うことです。

一方、太陽熱温水器は、50~60%くらいの太陽エネルギーを、熱エネルギーとして応を対象としているものきるとかんがえられています。

その為、暖房に応用したり、お湯を沸かしたりするなら、太陽熱温水器の方が太陽エネルギーを有効に応を対象としているものきるのです。

では、お風呂などの給湯は、どれだけエネルギーを使用しているのでしょうか?経済産業省の調査によると、“給湯”はご身内のエネルギー消費の30%を占めており、エネルギーの多くを応用していることがわかりました。

その為、太陽熱温水器を取り入れることで、“給湯エネルギー”の消費を削減することによって、大きく光熱費を節減することが出来るでしょう。

太陽熱温水器の最大の特徴と言えば、“価値が安い”ことです。

機材の部類等にもよりますが、太陽熱温水器は、早期に初期費用を回収することが出来るのです。

しかしながら、“屋根にソーラーパネルを設置したら、太陽熱温水器を置く立地がないのでは?”と思っている人もいるでしょう。

“太陽光発電か太陽熱温水器のどちらかを選ばないといけない”と言うわけではございません。

だとしても、太陽エネルギーを有効に応用するのであれば、太陽光発電と太陽熱温水器を組み合わせるのが最も良い方式です。

将来は、ますます自然エネルギーを応用する必要があるでしょう。

そこで重点となるのは、どれだけ太陽光発電と太陽熱温水器を組み合わせられるか、と言うことでしょう