アクセス解析を応用しよう

サーバー会社のなかには、アクセス解析のサービスを提供している所も多々有ります。
このアクセス解析は、一層キーポイントな要素の一つです。
個人のHP、法人のHPおのおのに応用価値があるサービスそれで、可能な限りアクセス解析を通しているサーバーによる方が良いでしょう。
アクセス解析というのは、運営中のHPにいつ、どれくらいの数のアクセスがあったかという事を解析してもらえるシステムです。
時間毎、日毎、あるいは週、月といった単位でのアクセス数を報せてくれるので、自分のHPがどれくらいの数の人に見られているのかが分かります。
個人のHPのケースは、この数が更新のモチベーションになる事が沢山ですね。
又、ページ毎のアクセス数もきこえるので、どのコンテンツが大好評が高いのか、あるいは乏しいのかというのも直ぐに分かります。
これも又、HPを運営して行く上で大きな指標となるでしょう。
法人にとっては、このアクセス解析は再びキーポイントなシステムとなってきます。
当然、法人サイトのケースにはアクセス数も大切ですが、それ以上に大切なのはどういった人が、どういった経緯でこのサイトに辿り着いたかという事です。
これが分かれば、SEOや社内のターゲットとすべき層が見えてきます。
アクセス解析では、リンク元や検索ワード等が分かります。
つまりは、そのHPに何処から来たのか、どういうキーワードで検索してアクセスしたのかも知るのです。
サーバーを応用する際は、アクセス解析の有無も気に留めておきましょう。

追加オプションは確認せよ

サーバーを応用するにあたり、追加オプションは、一定段階はからきし気に留めないものかも知れません。
大抵の人は初期要素で全て済ませてしまうからです。
0円サービスを応用するケースは、0円のサーバー同士を比較し、0円で出来るエリアでの要素を見比べて検討しますし、有料のケースはより良い要素を探します。
追加オプションにまで目を通す人はあまりいないでしょう。
ですが、追加オプションは、ケースによってはいやに有効な応を対象とした手法が有ります。
仮に、0円で全て済ませてしまいたいというケースは、いま一つ趣旨がないかも知れません。
ただ、有料だとしても良いので自分にとって最高の環境要素を整えたいという人のケースは、0円サーバーの追加オプションにも是非目によっておいて下さい。
たとえば、やはり転送量がワイドサイトを創りたいとします。
そのケース、有料サイトの中から中だとしても転送量が沢山サイトを探し出すケースがちっともかとおもいますが、したケース他の要素も望ましく、全然豪華な環境要素にのぼる反面、値段が高めに至るケースが大半です。
そういったケース、0円サーバーの追加オプションで転送量の追加をおこなえば、この追加オプションの料金分だけ支払えばかわゆいに対してになります。
他の要素がさほどよくなくても、転送量さえ多ければ正当という人にとっては、最小限の費を対象としているもの要素を満たしたサーバーを応用出来るのです。
仮に他に必要な要素が増加したケースは、その都度追加していけば問題有りません。
こういった応を対象とした手法を行うことによって、サーバーの費用をやけに抑えられます。

バックUP体制はレスポンスの早さがカギ

バックUP体制というと、決してE-mailやQ&Aに目が赴きがちですが、本当はそれら以外にも重視すべき点がいっぱい有ります。
たとえば、バックUPに必要な料金、ひいてはバックUPの形態です。
E-mailのみの受付という業者は、サーバーのバックUPとしては完全というのは言い辛いですね。
電話、FAXも受付けている業者が好ましいです。
殊に電話に関連しては、フリーダイヤルかどうかという点もキーポイントです。
ひいては、バックUPの専門部署があれば尚良いでしょう。
こうして、バックUP体制における最キーポイントポイントは、レスポンスの早さです。
E-mailで受付けている業者は、本質的には24時間のバックUP体制となっています。
ただ、いくら何時だとしても受付けていても、返答をくれるのがかなり先という業者は、よく信用が出来ません。
たとえば、質問して一週間経っても返答が返って欠けるに対しても、正にあり獲得する事です。
これまずは、至極かわゆいバックUP体制というのはいえません。
出来ることなら、営業日の24時間以内にどうしても回答があるというのが望ましいでしょう。
電話に関連しては、さすがに24時間、365日は難しいでしょう。
というのはいえ、少なくとも18時くらいまではバックUP出来るところがいいですね。
平日17時までだと、お勤めが終了してからバックUPに連絡したケースいう事が難しくなって来る。
明方、あるいは17時以後にも電話で受け付けている所が良いでしょう。
サーバーのバックUPは、E-mailより電話の方がレスポンスが手っ取り早いのでおススメです。