アメリカの太陽光発電

U.S.A.は、太陽光発電に使われる“太陽電池”を発明しました

近年では、太陽光発電の導入量をみると、ドイツやスペイン、ニッポンと比べるとわずかですが、以来は“太陽光発電”のワールド最大市場になると予想されるほどの勢いが有ります。

ブッシュ大統領時代には、各州で太陽光発電の設置に積極的に取り組み、州の補助金をはじめ、各州オリジナルの“RPS法”の基準を規定し、太陽光発電や風力、バイオマスなどの“再生エネルギー”の応用を薦めています。

“RPS法”と言うのは、電力会社の供給する電力から、“再生エネルギー”によって一定量を供給したケースいう規定のことです

U.S.A.では、おのおのの州ごとに基準値が決められており、29州がすでに規定値を設定しています。

特に、アリゾナ州は太陽光発電の取り組みに積極的で、新やり方も取り入れて、将来的に日没後も発電することの出来るシステムの実現が期待されています。

2025年までにアリゾナ州では、再生可能エネルギーによって、50万世帯に送電することが出来る電力を生産する予定です、。

カリフォルニア州では、再生可能エネルギーの供給に積極的に取り組んでいますし、U.S.A.北東部だとしても、太陽光発電のベンチャー事業を、カリフォルニアなどの太陽光発電作製者が推進しています、。

近年のオバマ政権だとしても、クリーンエネルギーの普及を推進しており、連邦政府として、以来は太陽光発電の拡大によって一層力を注いでいくと言われています。

太陽光発電+エコキュート


太陽光の力によって発電する“太陽光発電”と、空気の熱を応用してお湯を沸かす“エコキュート”を組み合わせることで、光熱費を大巾に削減することが出来ます。

昼間は太陽光発電でちゃんと発電して、発電の出来ない夜間は、エコキュートを応用し深夜電力を応用することによって日中と比べると約70%割安にお湯を沸かすことが出来ます

つまりは、昼間も夜間もお得に省エネすることが出来るのです。

エコキュートを導入したケース、“エコキュート補助金”がもらえて、より一層お得です、。

各ご身内から排出される二酸化炭素の量は、年々増加する一方です。

エコキュートは、その原因の1つである“給湯エネルギー”を大巾に除去することが出来ます。

地球規模での環境条件保全を考慮し、エコキュートの普及を促す為に、国の対策として“補助金制度”が執行されているのです。

エコキュート補助金を受ける為には、次のことを確かめましょう。

申し込みは、エコキュートをオーダーして、ありのままにに応用する人がおこなうこと、。

補助金交付対象のエコキュートを設置する予定であること、。

エコキュートを設置する前に申し込んで、受理の確認を行ってから設置すること、。

設置工事の完了期限日と完了報告書類の提出期限日を必ず守ること、。

別の国庫補助金を重複して受けていないこと、。

過去の補助金交付団体と電力会社へ設置等に関連する情報を提供出来ること、。

エコキュートを法定耐用年数である“6年”以上の応用を約束出来ること、。