システム設置前のチェックポイント

太陽光発電システムを設置する前に、知っておいてあったら嬉しい確認項目をまとめます。

・太陽光発電システムに関連する知識を、あるくらい身に付けておきましょう。

設置業者等にありのままにに相談する際も世間一般的な情報が頭に入っていればスムーズに話が進むでしょう

インターネットから設置業者や太陽電池作製者のHPを見たり、太陽光発電の行事や展示会に参加したり、生産品カタログを数多くの作製者から入手して見比べたり、すでに設置している人の話を聞いたりして、情報を収集したケース良いです。

・太陽電池モジュールを取り付ける屋根を調べましょう。

屋根のスタイル、面積、傾斜、方位等は、発電量に大きく影響します。

自宅の設計図面があるケースではは、手元に手配しておきましょう。

近隣に大きな樹木や高層建築物といった、太陽光を遮断するものがないかも確かめておきましょう、。

・太陽光発電は、太陽光によって発電をおこなうので、“日射量”が重要なポイントとなってきます。

住んでいるエリアの日射量を調べて、発電量がどのぐらい望めるのか、どれくらい電気代が緊縮出来るのかに対して、シミュレーションをしましょう。

・光熱費も調べておきましょう。

ガス代や電気代などの光熱費が、毎月どれくらいか知っていますか?夏場と冬季場では光熱費にちがいがあるので、検針票をとっておいて確認してみましょう。

昼か夜のどちらによく電気をよく使用するか等、ファミリーの生活ケースも確認しましょう、。

太陽光発電システムは故障しないの?


ソーラーパネルは、特にに沢山わけではございませんが、故障がある程度の割合で発生します。

太陽光発電システムが故障したり不具合が起こったりしたらどうなるでしょうか?例えば、全く発電しなくなれば、誰だとしても故障したことが分かります。

ところが、ソーラーパネルの故障で最も沢山のは、一部のパネルが正常にシステムしなくなり、少しだけ発電量が減ることです。

発電量が大巾に減れば早速に気づきますが、10%くらいでは、なかなか気づかないでしょう。

天気によって発電量はチェンジするので、その原因が天気なのか故障なのか、判断しにくいからです。

太陽光発電システムは、割高な買い物ですが、発電をしっかりすることによって、元が10年前後でとれます。

だけど、故障等をそのまま放ておいたり、気づかずに使用していたりしたケース、その間は損をずっとしていることになります。

早期に故障や不具合を発見するには、次の点が重要です。

・システムを設置したら、発電量を毎月記録しましょう。

発電量はシーズンによって変わるので、毎年記録していれば、そのチェンジに気づき易いでしょう。

作製者や設置工事業者に故障の疑いを連絡する際も、記録が残っていれば有用なデータとなってきます、。

・専門家による検査を定期的におこないましょう

作製者や業者によっては、数年間は0円で点検を受けられます。

0円でなくても、点検はおこなうべきです、。

余剰電力は割高で売電することが出来るので、多かれ少なかれの費用がかかっても、健全な有り様に太陽光発電システムをキープして、発電をいっぱいする方が得策です