地域による発電量の違い

太陽光発電の発電量は、エリアの気象要素によって差が有ります。

太陽光発電では、日照量が大きく影響します。

その為、日照量が沢山エリアであるのなら、発電量もより多くなります。

気象庁の気象データによると、全体的な傾向として、日照時間が最も長いのは太平洋側のエリアで、ニッポン海側ではやや不利になるやうです。

北海道も同様に、太平洋側に位置する釧路市の日照時間は長いやうです。

少し意外なのは、沖縄の日照時間がそれほど多くないことです。

沖縄は天気の良い日が沢山と言う想像が有りますが、ありのままにのところ、沖縄では曇りや雨の日が沢山のです。

発電量は日照時間が大きく影響がでることには間ちがいございませんが、それ以外の要素によっても影響されます。

住宅向けの結晶型太陽電池の変換効率は、高温になると低下したケースされています。

その為、日照時間が沢山エリアだとしても、温度が高い所では、発電量が低下することも有ります。

薄膜シリコン型や化合物系半導体を応用した太陽電池は、高温になっても変換効率が低下しにくいと言われています、。

高温エリアのケースではには、それらの生産品を検討したケース良いでしょう。

ただし、太陽光発電システムを住宅に設置するケースでは、最も発電量に影響が出るのは、屋根の方角や太陽光発電パネルの総出力数等です。

日照量の沢山立地だとしても、こんな設置要素が整っていなければ、十分な発電量が得られないので忠告してちょーだい。

日照時間の短いエリアは太陽光発電システムの設置は不向き、と言うことではないので、効率的な発電に対して専門家に相談してちょーだい、。

太陽光発電と深夜電力


大抵のご身内で最も沢山電気料金契約は、“従量電灯”です。

これは、時間帯に関係なく、応用した電気に応じて電気料金が決まります。

これに対して“深夜電力”は、電気を応用する時間帯によって単価が変わり、深夜から朝の時間帯は、割安になるメニューです。

それでは、深夜電力に対して説明します。

東京電力のケースでは、従量電灯のケースでは1kWhあたりおおよそ20円前後です。

一方、深夜電力では、夜間時間帯では10円弱くらいで、昼間は30円くらいになります。

つまりは、深夜電力にしたケース、夜間時間帯はお安くなりますが、昼間の時間帯は高くなると言うことです。

東京電力を例に挙げて、深夜電力メニューの時間帯と料金の関係をみていきます。

東京電力の深夜電力メニューは、“おトクなナイト8”“おトクなナイト10”“電化上手”が有ります。

“おトクなナイト10”は午後10時~翌朝8時が夜間時間帯で、“おトクなナイト8”は午後11時~翌朝7時が夜間時間帯となっています。

そのちがいは、夜間時間帯が“10時間”と“8時間”と言うことです。

料金単価も少しちがいます、。

この2つは、本質的に誰だとしても選べますが、選択するポイントは“生活スタイル”が関係するでしょう。

例えば、小・中学生のちびっこがいるご身内では、朝8時くらいまでは朝食の準備等で電気を使用することが沢山でしょうし、夜も11時くらいまでテレビ等をつけているでしょう。

そういったご身内は、単価は少し高くなりますが、“ナイト10”の方が良いでしょう。

“電化上手”は、朝や夕方~夜等、電気を多く使用する時間帯にお安くなりますが、オール電化住宅向け給湯機“エコキュート”等を設置していないと選べません。

深夜電力は、太陽光発電システムを設置している多くの住宅が選定しています。

太陽光発電がなくても、深夜電力を選択して、昼間に電気をなるべく使わないで、夜間時間帯に応用するようにすることによって、電気代をお安く抑えられます。

だとしても、昼間にどうしても使用する必要のあるケースではもあるでしょう。

そして、深夜電力だと、昼間は高い電気を使わないといけません。

そういった時、太陽光発電システムがあれば、太陽光によって発電した電気を応を対象としているものきるので、電力会社から高い電気を買う必要がないのです。