天災に対する太陽電池の耐久性

太陽光発電システムの太陽電池は、天災に対してどれくらい持久性があるのか、と疑問におもう人も沢山でしょう。

だとしても、安心してちょーだい。

太陽光発電システム内では、多彩な自然災害を考慮した対策がとられています。

おのおのの自然災害に対する策をみていきます。

雷・・・太陽電池が落雷を直接受けたと言う事例は、過去30年間ではも稀なことです。

落雷に対しては全く心配いらないと言うわけではございませんが、誘導雷対策を太陽電池システム回路のなかで行っていて、被害を回避する策をとっています。

耐震性・・・太陽電池パネルと架台は、和瓦に比べて重量が1/4~1/5ですので、一定グレードの建設物ならば屋根への荷重は問題ないとかんがえられます。

太陽電池モジュール等に対しては、振動やねじれなどの検査や強度計算によって、徹底した検討の上に設計されています。

風や台風・・・太陽電池の屋根への取り付け強度は、“建設基準法”にもとづいて、あるくらいの強風にも耐えるように設置されているので安心です。

雪害・・・積雪量に伴う太陽光電池モジュールと架台、推奨傾斜角度がおのおのの作製者で手配されています。

積雪のケースではは発電の量が減りますが、故障すること言うのはございません。

ひょう・・・太陽電池モジュール外装のガラスは、約3mm厚以上のJIS規格に適合した強化ガラスが応用されているので、ひょうによって傷ついたり割れたりすること言うのはないでしょう。

こんな風に、太陽電池はどんな自然災害にも耐えられるように設計されているので、安心して使用することが出来ます。

太陽光発電メーカーの特徴


太陽光発電システムのポピュラーな作製者には、“シャープ”“三菱電機”“京セラ”“三洋電機”が有りますが、それらはどんな差があるのでしょうか?太陽光発電システム設置を検討する人の大半が、基準を何にして良いのか分からず、価値や作製者の知名度で選択してしまうことが沢山やうです。

作製者によって異なるのは、価値、スタイル、発電効率、保証内容に対してです。

そして、作製者を比較検討する際は、“スタイル”“価値”“発電効率”を中心として検討したケース良いです。

オーダーを希望する人が最も気になるのは、“価値が安いか”“発電量は沢山か”“家の屋根に合うか”だとおもいます。

つまりは、この3点から作製者を比較検討するのが作製者選びのポイントだと言えるでしょう。

それでは、ポピュラー作製者の具体的な特徴を案内します。

シャープ・・・1Wあたりの単価が最も安いです

パワーコンディショナには、昇圧システム付きの接続箱を内蔵しているので、接続箱や昇圧ユニットを手配する必要がございません。

京セラ・・・“サービスエリアMURAIシリーズ”は、太陽電池を屋根に瓦をふくようにして設置します

その為、多彩なスタイルの屋根にうってつけと収まるので、外観がとっても美しくすっきりします。

小ぶりの太陽電池ですので、一定グレード大きさのものと比べて、パネルをより多く設置することが出来ます、。

三菱電機・・・パワーコンディショナは、他社と比べると高い変換効率ですので、モジュール枚数を少なく設置することが出来ます。

標準的な四角形パネル以外にも三角形パネルもあり、寄棟屋根にも対応出来ます、。

より一層、標準モジュールは雪の沢山エリアだとしても、積雪1.5mまで設置出来ます。

他社のものでは設置できなくても、三菱生産品を応用することによって設置出来るケースも少なくございません。

三洋電機・・・他社と比べてモジュールは割高ですが変換効率が良いので、面積が同じだとしても電気をより多く発電することが出来ます