太陽光発電のデメリット

太陽光発電システムは環境条件にも家計にも優しい電力として話題されていますが、デメリットは1つもないのでしょうか?どんなことに対して太陽光発電のデメリットと捉えるかは、応用する人によって違うとおもいます。

“夜間の発電がない”“パネルに雪が積もると発電しない”と言うことを、太陽光発電のデメリットと捉える人がいますが、これらの点は“デメリット”と言うより、太陽光発電システムの“特徴”ではないでしょうか。

こういった誤解は、市販ストアー側の説明が不十分であったとおもわれます

システムに関連してお客さんにちゃんと把握してもらう為に、市販ストアーは委細な説明を惜しまないのが務めですし、お客さんも少しだとしても気になることがあったら、どんなことだとしても質問することが重要です。

特に知っておいてあったら嬉しいこと言うのは、システムの設置後にかかる経費です。

たとえば、パワーコンディショナは寿命が10年前後と言われています

大半の作製者で、“10年保証”が付いているので、10年昔に故障したケースではは無償保証の対象となってきますが、10年経過してから故障したケースではは、お客さんの負担で取り替えする必要が有ります。

買電メーターと売電メーターは、10年毎に取り替える義務が有ります、。

買電メーターに対しては、電力会社が負担してくれますが、売電メーターはお客さんが負担する必要が有ります。

メーターの価値は、2万円~12万円と電力会社によって大きな差があるので、市販ストアーに確かめると良いでしょう。

先々に必要となる経費は、太陽光発電のデメリットだとしてもあるので、市販ストアーを選択する際は、詳しく説明をしてくれるところにしましょう。

「ソーラーローン」とは?


“ソーラーローン”と言うのは、太陽光発電を導入する際かかる初期費用を、ローンによってまかなえるシステムです。

銀行等が関連品物を設定しており、それを応用することによって数百万円かかってしまう初期費用を、分割払いで数年間にわたって払うことが出来ます。

ソーラーローンを取り扱う金融機関は、教育ローンやマイカーローンなどのローン品物を、すでに取り扱っているところが大半です。

これは、“目標別ローン”といって、使途があらかじめ決まっているローンのことです。

ソーラーローンも、この目標別ローンの内、“太陽光発電”を使途として限定したものです。

“太陽光発電システムを早速に導入したいとかんがえているけど、初期費用を全額早速に手配することが難しい”と言うケースではに、とっても楽なローンです。

それでは、ソーラーローンのシステムを説明します。

金融機関にソーラーローンを申し込んで成立したケース、システムの施工依頼をした業者へ費用が支払われます。

このときに、一部を頭金として現金で支払うケースではは、設置費用や機材類の代金から、頭金の分を引いた価値が支払われます。

これで、金銭的な施工業者とのやり取りは終了となり、これ以後は、金融機関と月額を決めて、月々の支払いをおこなうことになります。

ここで忠告が必要なのは、“セールストーク”に乗せられないことです

“光熱費を大きく削減出来るから、ローンを組んだとしても、差し引きは“ゼロ”になりますよ”と、根拠もなくセールスする営業マンも中にはいます。

ところが、ご身内を対象とした出力規模では、毎月数万円の返済額を当てるだけの発電量は不可能ですのです。