太陽光発電の歴史(1)

太陽光発電の1950年代~1990年代の歴史を見ていきます。

1950年代・・・1954年、米国のベル電話研究所で3人の研究者が“太陽電池”を発明しました。

そして、太陽電池がありのままにの使用化されたのは、1958年に米国海軍の人工衛星“ヴァンガード1号”に採用されたのが第1号です

1970年代・・・1973年に起きた第一次石油ショックを経て、翌年の1974年に、ニッポン政府が“サンシャイン計画”を策定しました。

初めて長期的な視界で、エネルギー政策の計画に太陽光発電が盛り込まれました

ところが、この時点では、“太陽熱”の応用が主で、太陽光発電に対しては、経費を下げることが目標でした。

1980年代・・・通産省は1980年、太陽光発電システム利を対象とした活発化を目標に“ソーラーシステム普及活発化融資制度”が創設されました。

それから16年間で、融資件数が累計27万4,000件を誇り、ソーラーシステムが広く普及しました。

1990年代・・・ニッポン政府は1993年エネルギーセキュリティを目標としてきたおのおのの計画に、“地球環境条件保護”を追加して、代替えエネルギーを総合的に薦める“ニュー・サンシャイン計画”を策定しました。

この計画で重点となったのが“太陽光発電”で、さらなる太陽光発電の普及活発化に向けたやり方開発が進められました。

そして、電力会社が太陽光によって昼間に発電した余剰電力を買い確保する、と言う供給システムが考案されました。

そして、1997年に京都議定書が採択されて、ニッポンは温室効き目ガスの排出を1990年の数値と比較して、2008年~2012年を目標に“6%削減する”と約束しました。

太陽光発電の歴史(2)


太陽光発電の2000年代~近年までの歴史を見ていきます。

2000年代・・・1997年の京都議定書で、温室効き目ガス排出の削減を約束しましたが、2005年正式に発効されました。

そして、ニッポンではも数値目標を目指して“マイナス6%キャンペーン”が展開されたのです。

こんな風にして、“ニュー・サンシャイン計画”が進展したことで、太陽光発電は順調にやり方的な発展を続け、1999年制定の“省エネルギー法”導入によって、あらためて大きな話題を集めるようになります。

つまりは、省エネルギー法の基準を満たすには、太陽光発電がたいへん有効だったのです

ニッポンの誘導政策は達成し、太陽電池の需要が増え、生産量も増加した結実、太陽電池生産量ではニッポンはワールド一となったのです。

2002年には“RPS法”が成立し、今までの原子力や火力などの資源による発電だけでなく、風力発電や太陽光発電といった再生可能なエネルギーからの発電を、ある程度の割合以上含む必要があると言うことで、一般ご身内に太陽光発電が飛躍的に拡大したと言って良いでしょう、。

そして近年では、太陽電池が発明されて50年以上が経ち、一般ご身内にも普及してから10年以上が経ちます。

太陽光発電は資源が尽きてなくなってしまう心配がなく、ワールドの何処にいても手に入る良い感覚のエネルギーです。

発電する時に、二酸化炭素や有害物質の排出がゼロであることから、地球環境条件を保護したケースいう見地からも、理想的な資源として期待されています、。