太陽光発電の設置費用と経済効果

太陽光発電を設置するにはいくらかかるのでしょうか?又、何年応用することによってもとが取れるのでしょう。

太陽光発電の補助金制度(2010年度)の対象要素に、“1kWあたり工事費込みで65万円以下であること”と定められています。

住宅を対象とした太陽光発電の平均容量が3.81kWのケースではは、目安となる設置価値は65万円×3.81kWで248万円以下になると推定されます。

2010年12月24日までなら補助金制度を応用することによって、10%以上お得な価値で設置することが出来ます、。

具体的な費用としては、機材費として、太陽光モジュール、アレイケーブル、 架台、インバーター、工事費として、電気配線工事費、太陽電池や架台、モニターの据付工事費、それ以外、竣工検査の立会費や申請お手続です。

設置価値に対しては、自宅の屋根材のスタイルや面積、部類、設置kW数等によって異なるので、次のポイントによって見積り額がチェンジしてきます、。

・太陽光発電システムの発電効率やその内容・応用するインバーターやモジュールなどの機材・屋根に取り付ける金具や取り付け工法・工事の内容国や自治体が執行している補助金制度や、売電価値が2倍になる買取制度を応用することによって、約10年で回収出来るやうです。

費を対象とした回収期間の委細は、導入する際の初期費用やご身内の毎月の電気代によって大きく異なるので、導入する前にシミュレーションを行って、その結実から検討することが重要です。

設置前の太陽光発電システム選びや、設置後の努力によって費を対象とした回収期間を早めることが出来ます、。

次の3つのポイントを頭に入れておきましょう。

・大きめなシステムを設置して、発電量を多くし売電量を増やすことによって、お得になる見込みが有ります。

・近年では売電価値が2倍ですので、売電する量が沢山ほどお得になります。

・発電状況を日々ファミリーで確かめることによって、ファミリーの行動や意識が変わるはずです。

太陽光発電機器の寿命


太陽光発電を設置しようとかんがえている人は、太陽電池の寿命はどれくらいなのか気になるとおもいます。

太陽光発電装置は、寿命がとっても長く、故障率もきわめて低めの優れた発電システムです。

もともと太陽電池は、一般住宅を対象として開発されたのではなく、人工衛星や灯台などの修理や保守等、メンテナンス(整備)が難しい立地の電源の為に開発されました。

“シャープ”の太陽電池は、“JAXA”(宇宙航空研究開発機構)の認定をニッポンで唯一受けており、2009年2月近年では人工衛星160基で採用されています。

灯台用としては、長崎県の尾上島灯台が1966年に設置されたのを皮切りとして、近年では約2500ヶ所の灯台で設置されています。

太陽電池を構成している“シリコン”は、“半永久的”に稼働したケースかんがえられています。

太陽電池は強化ガラスで外装がカバーされており、腐食する心配もございません、。

より一層、振動する箇所や可動する箇所もないので、故障する確立がたいへん低めのと言えます。

それらのことから、おのおのの作製者とも、期待寿命は“20年以上”とされています。

ただし、パワーコンディショナ(電力の変換装置)は、応用年数の目安が10~15年とされているので、交換する必要が有ります。

現状では、パワーコンディショナを交換するには、費用が20万円かかりますが、以来普及してくれば、部品にかかる経費が下がることもかんがえられ、15年後に大きな負担を強いられること言うのはないでしょう。