屋根別の太陽光発電システム

屋根別の太陽光発電システムを案内します。

切妻屋根・・・屋根の最頂部から地上へ向けて、本を伏せたように2つの傾斜面のある屋根です。

住宅の屋根としては、最も世間一般的なスタイルです。

比較的雨の沢山ニッポンではは、傾斜が急な屋根が多く、太陽光発電を考慮する際は、傾斜30°くらいのものが発電効率が最も高いとかんがえられています。

切妻屋根はスタイルがシンプルなので、パネルも配置しやすくて、発電量の確保がし易いと言う特長も有ります。

切妻屋根におススメの作製者は、三菱、東芝、カナディアン・ソーラーです。

寄棟屋根・・・傾斜面が四方向に存在する屋根ことで、切妻屋根と共に大好評のある屋根です。

シャープのコーナーモジュールは、細かいスタイルに応じた設置が出来ますし、年間の発電量もUPします。

寄棟屋根におススメの作製者は、シャープ以外にも、三菱や京セラです。

陸屋根・・・平らで傾斜のない屋根のことです。

鉄骨つくりや鉄筋コンクリートつくりに沢山です。

別途架台の設置費がかかりますが、最大限にパネルの発電キャパシティーを発揮出来る角度で運用可能なのが艶やかさです。

陸屋根におススメの作製者は、三菱、東芝、カナディアン・ソーラーです。

片流れ屋根・・・傾斜面が一方向だけに存在する屋根です。

設置面が南側に存在するケースではは、パネルのシステムを十分引き出すことが出来ますが、設置面が南側以外に存在するケースではは、業者に一度相談してちょーだい。

片流れ屋根には、東芝、三菱、カナディアン・ソーラーの太陽光発電システムがおススメです。

見積もりの注意点


太陽光発電システムの見積もりを業者にしてもらう際に、忠告してほしい点を挙げます。

業者のなかには、屋根を全く診ずに、容易に図面だけで見積もりをおこなう業者も有ります。

だけど、図面から判断出来ること言うのは、“太陽光パネルを屋根にどれだけ設置することが出来るか”と言うことと、“屋根の材質によって、どんな設置工法を行なえるか”と言うことだけですのです。

ありのままにに、お客さんと面談して、電気の詳しい応用状況を伺って、屋根の傷みや強度、配線が特にに必要かどうか等を確かめなければ、システムや工費の確かな見積もりを出すこと言うのは出来ません。

図面だけを見て見積もりをお安く出し、いい加減な判断で帳尻を合わせる業者も中には有ります。

その為、必ず見積もりは屋根を診て判断する業者を選択することが重要です。

“見積もりが安いから良い”“迅速に見積もりをしてくれたから安心出来る”ではなく、ちゃんと屋根の診断を行って、出た見積もり額面に根拠があるものが最適です。

住宅を対象とした太陽光発電システムは住宅以外の屋根にも設置が出来ます、。

倉庫などの屋根や、庭などのちょっとしたスペース等にも設置出来るのです。

お客さんの家にとって、最も良い設置方式を示してくれる業者は安心です。

その為にも、見積もりの時点で、屋根や家をありのままにに診て判断してもらいましょう

見積もりを出してもらったら、その業者が信頼出来るか、次のことを確認してちょーだい。

・見積価値は屋根を診ずに出していませんか?・作製者のシステムおのおののちがいを説明出来ますか?・システムのデメリットも説明してくれましたか?・確信もないのに“どんな屋根だとしても必ず設置出来る”と請合っていませんか?・設置工事に対して説明しましたか?・過去のトラブルやクレーム、問題点に対しても答えてくれますか?・光熱費の削減の為にアドバイスしてくれますか?