新たな買取制度

新たな太陽光発電の買取制度が平成21年11月1日から出発しました。

太陽光発電の助成金も再開され、太陽光発電導入がより一層進むと期待されましたが、この買取制度が開始されることによって、より一層勢いづくと期待されています。

この制度によって、消費者にはどんなメリットがあるのでしょうか? まず、“Feed-in Tariff”(FIT)に対してです。

これは“固定価値買取制度”のことで、太陽光発電システムによって発電させた電気の買取価値を、導入してからある程度の期間保証したケースいう制度です。

温室ガスの削減に貢献する新しいエネルギーを普及・拡大する為にできた制度です。

諸外国ではは、すでにスペインやドイツが導入していました。

ニッポンで開始された新たな買取制度は、発電した量全てを買い確保する欧州に対して、余剰分だけを買い確保する点や、保証期間等に対して相違点も有りますが、太陽光発電システムを導入することによって、従来に比べて有効な要素となるでしょう。

新しい買取制度では、電力会社がご身内の太陽光発電によって余った電力を買い取ります。

その買取価値は全国一律となっており、一般住宅のケースではは1kWhあたり“48円”、事務所や工場等非住宅用は“24円”です。

買取価値に関連しては、太陽光発電パネルの価値や普及状況の動向を考慮して、見直しを毎年度行っていきます、。

買取りにかかる経費は、電気を応用する人たちみんなで負担するため、“太陽光発電活発化付加金”としてやりくりします、。

つまりは、一般ご身内の電気料金に対して加算されると言うことです。

一般ご身内で1ヵ月約100円になります。

太陽光発電を設置していないご身内では、買い取り分がゼロですので、電気代は高くなることになります。

発電量を高めるには?


太陽光発電の買取制度が執行されていますが、発電量をより効き目標に高めるには、どんなことに気を付ければ良いのでしょうか?“太陽光発電を増設することによって、買取価値が高くなる”と思っている人も沢山でしょう。

確かに、ソーラーパネルの容量を2倍にすることによって、発電する量も2倍になります。

消費電力が今のままで発電量が増加すれば、売電によって手に入る額も増加することになります。

ところが、ただパネルを増設することによって良い、と言うわけではございません。

なぜかと言うと、パネルを2倍することによって発電量が2倍となるのは、設置要素があくまで同じケースではだけだからです。

発電量と言うのは、パネルの角度や向いている方角等に影響がでるものですので、確実に発電量が2倍になるわけではないのです。

太陽光発電システムは、太陽電池パネルとパワーコンディショナの組み合わせで成り立ちます、。

その為、パワーコンディショナ1台に接続可能なパネルには限界があり、パネルの増設をしたケースではは、パワーコンディショナも交換しなければならないことも有ります。

もし、増設を検討しているケースではは、専門家に必ず相談しましょう。

新たな買取制度が開始され、太陽光発電の売電効き目が期待されるのは当然でしょう

売電量を物理的に増やす対策も無駄なことではございませんが、省エネに対する日々の行動に勝るものはないでしょう。

買取価値が上がったことによって、省エネ意識が今まで以上に盛り上がことも、太陽光発電の新たな買取制度の効き目と言えるでしょう。