見積もり金額の妥当性

“太陽光発電システムの見積もりを出したけど、その見積もり額面は妥当なのか?”と不安を抱く人も沢山とおもいます。

それでは、見積もりの妥当性を確かめる方式を案内します。

すでに太陽光発電システムを設置している人や、詳しい人がいるケースではは、相談してみましょう

ありのままにの経験から、役に立つアドバイスをしてくれるはずです。

だとしても、そういった知人が身近にいる人はわずかとおもいます

そこで、容易な方式には、インターネットの掲示板やQ&Aサイト等で、分からないことを質問してみることです。

おススメのサイトは、“Yahoo!知恵袋”“大丈夫Wave”“mixi”です。

“yahoo知恵袋”では、太陽光発電を設置している先輩や、設置工事をおこなう業者の担当者にも出会えて、あなたの質問に親身に答えてくれます。

“Yahoo!知恵袋”と“大丈夫Wave”は、既存の質問と回答ならば、登録しなくても閲覧出来ます。

なお“mixi”は、アクセスするのに使い手登録してログオンする必要が有ります。

質問する際は、個人的な内容を除いて、見積もりの内容を出来るだけ詳しく書き込むと、より確かな回答が得られるでしょう。

だとしても、こんなサイトもとっても参照になりますが、直接設置する現場を見ているわけではないので、補強や塗装の工事等が必要なケースではも有ります。

家の間取りや立地要素等によって、特殊な部品や配線工事が必要になるケースも有ります、。

こんなことから、見積もりの妥当性を判断するには、見積もりを幾らかの業者に出してもらって、比較検討するのが一番確実な方式と言えます。

出来ることなら、多くのパネル作製者を取り扱っている業者に頼んで、作製者のちがいを教えてもらうと良いでしょう。

こうして比較検討することによって、判断する材料も増加するはずです。

数多くの業者に見積もりを出してもらうのは、時間も手間もかかりますが、設置工事における誤りリスクを確実に減らすことが出来るでしょう。

「クーリング・オフ」について


太陽光発電システムの市販方式は、多くが“訪問市販”です。

とってもガッカリなことですが、中には悪質な市販業者が、太陽光発電システムを強引にオーダー契約させるケースではが有ります。

例えば、オーダーをまだ決めていない段階で、見積もりを見て検討しようとしているのに、いい加減なことを言って、契約を無理やりさせてしまうと言う悪質な業者も存在するやうです。

これほど悪質でないとしても、市販員は太陽光発電に関連する情報が詰まったプロですし、こちらは知識のない素人です。

聴こえの良い話に乗せられて、うっかりと契約してしまうこともあるでしょう。

こんな不意打ち的で強引な訪問市販の契約は、一度契約した後だとしても、ある程度の期間内であるのなら、消費者が一方的に契約を解除することが出来ます

これを“クーリング・オフ制度”と言います

ただし、クーリング・オフが適用されるのは、あくまで“不意打ち的な契約”だけです。

ケースではによっては、クーリング・オフ制度が適用されないことも有ります。

クーリング・オフの対象となるのは、訪問市販や電話勧誘市販、マルチ商法による市販等です。

太陽光発電システムに対しては、訪問市販のみが対象となるでしょう。

つまりは、市販ストアー等に自分から出かけて契約をしたケースではは、対象外となると言うことです。

忠告してちょーだい。

クーリング・オフが適用されるのは、契約してから8日以内です、。

この期限を超えてしまうと、クーリング・オフは適用されないので、速やかに処分をおこなう必要が有ります。

ただ、期限内に契約解除の処分を済ませれば、クーリング・オフが法律的には成立しますが、これに相手が素直に応じるかどうかは分かりません。

相手が悪質な業者のケースでは、あれやこれやと言い掛かりをつけてくるかも知れません。

もし、自分だけでは克服することが出来ないなら、国民生活センターの“消費者ホットライン”等、信頼のおける窓口へ相談したケース良いでしょう。